カテゴリー
キリスト教

「イースター」って何の日ですか?

今日はイースターです。

イースターって、毎年4月17日だっけ?

いえいえ、イースターは「春分の日以降の初めての満月の次の日曜日」と決まっているので、毎年3月22日から4月25日の間で違う日となります。

Easter Sunday always falls on the Sunday after the first full moon following the Spring equinox in March.

イースターって、結局何の日?

イースターは、十字架に付けられて死んだイエス・キリストの復活(the Resurrection)をお祝いする日です。

イエス・キリストは何の罪も犯していないのに、私たちの罪のために死んでくださいました。そしてその3日後、わたしたちが義と認められるために、よみがえられました。

主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、私たちが義と認められるために、よみがえられたからです。(ローマ人への手紙4:25)

He was delivered over to death for our sins and was raised to life for our justification. (Romans 4:25)

日本では、キリスト教のお祝いというと、イエス・キリストが生まれた日のクリスマスが一番有名ですが、復活の日であるイースターも同じぐらい重要な日なのです。

ちなみに「4月17日は何の日?」には、もう一つ答えがあります。

私の誕生日です。4月29日とか、5月3日のように、毎年固定の祝日と違って、何年かに1度しかないので、うれしいです。

次に4月17日がイースターとなるのは、2033年のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です